« January 2006 | Main | February 2007 »

January 20, 2007

新ユニ

新ユニ決まりましたねー♬♩♫♪☻(´∀`☺♪♫♩♬

Yamanew

↑NEWユニにうかれてカメラにピースしちゃうナイスミドルヤマ。

でも、まさかリーグユニの胸のマークがSAVASになるとは思わなかった!

明治製菓っていってたから、そのまま筆文字【明治製菓】って入れられるのかと・・・

レッズにもとうとう サ ポ ー タ ー 魂 を 見 せ る と き が 来 た !!と、

がっぷり四つで受け止めるつもりだったのですが、

意外とかなりシンプルで、拍子抜けしました。

なんだよ、シンプル路線かよ(/・ω・)/

で、DHLって、なんの会社???

Tubonew DHCじゃなくて?(*´д`)…?

一般常識がありません。

こんなんで就職できるのか?やーれやれ(・ω・ノ)ノ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

January 02, 2007

天皇杯決勝 vsガンバ大阪

あけまして浦和レッズ

今年も浦和レッズ

A HAPPY NEW URAWA REDS


もーいくつ寝るとーお正月⌒Y⌒Y⌒ヾ(o◕ฺω◕ฺ)ノ ヒャッホーゥ♫

お正月には国立でーガンバ大阪倒しましょう(ノ´∀`)ノ゙ ワチョーイ

早くこいこいお正月♪゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚



と、いうわけで。
風邪ひいて年明けの瞬間は布団で年賀メールを
がっすがす送っていた私ですが、
いってきました!!国立競技場!!

打倒ガンバ大阪!(●σ゚益゚)σ


しかも、もちろんゴール裏♡
風邪ひいてるうえに怪我人なのに、何をしてるんでしょう・・・

席取りは、このくそ寒い中、
旭&まーくん&おにいやんが行ってくれました★
感謝゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

と、いうわけで昼過ぎに国立へ。



この試合に勝てば天皇杯連覇。
対戦相手は優勝を最後の最後まで競り合ったガンバ大阪。
ここは、リーグ覇者として負ける訳にはいかない。

だが、しかし・・・

天皇杯はリーグレギュラー7~8人抜け。
むしろ、こういってしまってはなんだが、レッズBチーム。
普段のレギュラーは、都築・山田・啓太・ポンテぐらい。
残り7人はリーグ中、ベンチを暖めてきた面々なのだ。

サポーターの中で、葛藤は募る。
『ここまで上がってきたんだ、大丈夫!』
『でも、相手はベストメンバー。このメンツで勝てるのか・・・?』


ゆれる心のまま、ホイッスルが鳴る。前半開始。
角田さん、BOYSに合わせてコールを送る、拍手する。
ネネのフリーぶり、
ヤマのタリーぶり
相馬の宇宙開発ぶり、
永井のポジションセンスレスぶりに、不安が募る。

一方、

細貝の必死のディフェンス、
都築の神っぷり、
伸二の攻守一体となったプレー、
ポンテのキレのいい走りこみに、沸かせられる。

やきもきしたまま、前半終了。
さすが攻めのガンバ、打ってくる。
無茶苦茶打ってくる。
なのに入らないのは、
都築がホント神なのか、ツイてるのか、やつらがノーコンなのか。
たぶん全部当た)ry

一番の理由は、都築の優勝にかける 熱意だろう。
31日に臨時創刊したMDPのコメントに、
『ここまで来たなら、優勝せな』
そういっていた。
レギュラーをギシに奪われていた都築。
去年も天皇杯のゴールを守っていた都築。
契約更新をするかどうか、悩んでいた都築。

天皇杯決勝直前に契約更新を決めたのは、
きっと覚悟を決めてレッズに残ってくれたに違いない。
ありがとう都築。


ハーフタイム、あるジンクスを遂行するために、私は席を立った。
けんと兄さんを探して。
車椅子だけれど、BOYSの近く、いわゆる『爆心地』と呼ばれるところで応援をしている、ガッツ溢れるけんと兄さん。
気さくで、優しくて、おもしろい、本当に大好きな人だ。
私と母は、毎回試合に赴くと、必ず挨拶に行って、握手を交わす。
会えた日は、必ず勝利を収めている。
いや、ホントにd(d′∀`*)☆

席にはいない。
喫煙所を探す。いないΣ(・□・)


今日は、会えないのかなぁ・・・(´;ω;`)


そう思った瞬間、

廊下で、ばったり出会うことができた。



『あけましておめでとうございます!
 今日も絶対、勝っておいしいお酒のみましょうね!』


そう言って、しっかりと、強く、熱い握手を交わした。


席に戻ると、後半のコールが始まっていた。
角田さんに、『優勝慣れして胡坐かいてんじゃねえぞ!』と怒鳴られる。
まさにその通りである。
勝って兜の緒を締めなければ!!


後半-依然、苦しい状態は続く。
もうだめなのか。
あと少しで・・・後半も終わってしまう・・・
そんなサポーターの気持ちを知ってか知らずか、
伸二に変えて、岡野の投入。

野人岡野。
彼なら、何かやってくれる。
そう信じて、サポーターがコールの声を強めた瞬間、




そのとき、奇跡は起きた。




後半42分に岡野の右センタリングから永井が右足で決めた。
股抜きのセンタリングから、真正面で打った、
永井にしては落ち着いたシュートだった。

ロスタイム1分。

魔の時間に起きたFK。

これを止めれば試合終了だろう。
緊迫する会場。
固唾を飲んで見守る。




やっぱり都築は神だった。
気迫で押して、シュートは枠外。
やってくれました!

つーづきりょうたーラララララー
つーづきりょうたーラーラララララ♪

と、口ずさんだ所で、試合終了。


永井は、ヒーローインタビューで、
『あのシュートは、サポーターのみなさんの力で打てたシュートです』
と、言っていた。

想う心が力になる。


私が思うに、ここまで強くなれたのは、
先代のハンスオフトの下積みがあったからこそ。
底力がついていたからこそ、ギドの采配が生きていた。

過去の歴史が今を作る。





ヤマがカップを掲げた時、


涙が出た。


2連覇が嬉しくて。
Jのお荷物と言われたレッズが、ほぼリーグベンチのスタメンの布陣でも、
決勝を勝ちぬいていける力をつけただなんて。
ギドさんに、天皇杯のカップを掲げられたのが嬉しくて。
でも、ギドさんが監督を辞めてしまうのが悲しくて。

浦和レッズの、天皇杯2連覇。
そして、リーグと天皇杯のダブルCHAMPION。
そしてそして、来年のACL出場権獲得。


来年のユニに光る、八咫烏の上の星は、最高のお年玉です。

ありがとう、浦和レッズ。
DANKE!Guido Buchwald!

来年も、このカップは誰にも渡さない。
だって、ギドが獲ってくれたこのカップを、
レッズサポ達は、とても、とても気にいってるのだから。














てか、ゼロックスもガンバかよ!!!(☄ฺ◣д◢)☄ฺアキタ

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« January 2006 | Main | February 2007 »