« 8月30日の日記 | Main | チェ=ゲバラ »

December 19, 2004

9月9日の日記

Today is full moon night. 2004,9,9

十五夜っすね。
でも本当は13日と15日にやるらしいっすね。
そんなことは知ったこっちゃ無いんですが。
それなのに曇ってますね・・・東京!
しかもこれから雨が降るだと!?
さぞ月のウサギさんたちも残念がってることだろう...(-ω-`;)

そうそう月と言えば。
いつも月を見ると、私には人の顔にしか見えないんだけど、みんなはどうなんだろう?
図書館で借りた『太陽と月の星ものがたり』って本によると、

日本        餅をつくウサギ
中国        薬草をつくウサギ
カナダインディアン バケツを運ぶ少女
南部アメリカ    ワニ
北ヨーロッパ    本を読むおばあさん
南ヨーロッパ    大きなはさみのカニ
東ヨーロッパ    横向きの女
北ヨーロッパ    水をかつぐ男女
アラビア      ほえているライオン
ドイツ       薪をかつぐ男

という具合に各国さまざまに月を見ていることが判明。
日本人が月にウサギを見ているのは
インドの神話の自分のために自ら火の中に飛び込んで食料となったウサギを
帝釈天(梵名インドラ)が哀れんで月にまつったという話がルーツになっているようです。
アラビア人はほかの人種には見えていない危機の海(模様のように見えるのは月の海なんだYO!)が見えてるから月の模様がライオンに見えるんだってー( ´・ω・`)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー

地球のどこからでも見える月。
どこから見ても同じ模様が見えるんだって。
なんだか素敵☆彡

どこから見られても、一つの顔に見える
裏表の無い人間でありたいと思います。

みんなは十五夜に何を考えていますか?

|

« 8月30日の日記 | Main | チェ=ゲバラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71041/2317130

Listed below are links to weblogs that reference 9月9日の日記:

« 8月30日の日記 | Main | チェ=ゲバラ »